リベンジ!東京湾一周!!後編

OKABOUZUです。

東京湾一周もいよいよ後半戦となります。

それでは、昨日の続きです。


さあ、いよいよフェリーに乗船です。

2012-05-05 08.43.00


予定の10時10分のフェリーより1本早い9時10分のフェリーに間に合いました。

P5050682.jpg


一昨年と同じように、チャリを手すりに引っかけて・・・・

P5050683.jpg


デッキに上がって手持ち無沙汰なので、ブログ更新していたら・・・・・

みるみる乗客が・・・

ブログアップ用の写真を撮りに、ちょっと席を外すと・・・

あっという間に席が無くなっていました。

超満員の船内は、座席の空きは無く立っている人が多数・・・船の外側手すりは、ほぼ人で埋まっていました。

P5050685.jpg

この日は、風が強く東京湾内でも結構揺れたのでデッキで風に当たっているほうが快適でした。

金谷港に到着して、さっそく探したのが

大ちゃんから言われた ”くじらのたれ” なる珍味です。金谷港の売店を物色すると

2012-05-05 10.11.46

ありました!! でも、要冷凍・・・・・・

さすがに背中のポケットで持ち帰れませんので、購入を断念しました。

さあ、後半戦の始まりです。

今乗ってきたしらはま丸とお別れして、富津岬を目指します。

P5050690.jpg

この辺の田舎道は、国道でありながら走りやすいですね!!

P5050696.jpg

車通りも少なく、ゆったりとサイクリングを楽しめます。

P5050692.jpg

程なくして富津岬に到着です。

前回は、この塔に45歳以下の人は登れー!って号令して、私とジェロニモさん、コチーズさんの3名は上まで

登らなかったのですが、今回はなんせ一人なもんでそうも言ってられず・・・・

しかし、この塔頂上からの岬の画像がほしい・・・

しょうがなく登りました! クリートで・・・・・!

P5050695.jpg

お決まりの、富津岬の画像です。

さあ、お一人様なんで先を急ぎます。次に目指すは”木更津”です。

2年前の悪夢がよみがえります。

落車地点のアスファルトの凸は、キレイに修復されていました。

一応、皆さんの待機場所となったモスバーガーをパチリ として今回の回顧録は終了としました。

P5050697.jpg

木更津を越えて市原にはいると、左手に工業地帯!道路は大型が猛スピードで走っています。

かなり気を使って走るようになりました。

景色も単調で、ただただ走るのみ!! 写真も取り忘れました。

P5050698.jpg

こんな景色が延々と続いていました。

そして、コンビニや食事処などもほぼ無くて・・・

とうに昼を過ぎています。やっとの思いで見つけた反対車線のリンガーハットでちゃんぽんを補給して

千葉市内へ

千葉市内も非常に走りづらい!! 森田県知事!!なんとかして!!

前回は、134号線を走ったようですが、走りづらさMAXなのは解っていたので、今回は14号線をひたすら

行く事にしました。

行徳当たりで道を間違えたりしながら、なんとか葛西橋通りから永代通りに出て

P5050703.jpg

いつもRCCで渡る清砂大橋をわたり、めでたく銀座四丁目交差点へ帰還いたしました。

P5050707.jpg


P5050704.jpg

行きと同じアングルで写真を撮ろうと思ったのですが、人が多くてとても無理!!

という事でこんな画像となりました。

P5050705.jpg

4時55分 一周を完了いたしました!!

帰り道の皇居で一枚写真を撮って

P5050709.jpg


今回の リベンジ! 一人東京湾一周サイクリングは終了となりました。

楽しい、220kmでした。が・・・あの千葉の走りづらさは、もう味わいたくないですね!?

ガーミンのデータはこんな感じです。

東京湾1

そして、ルートは

東京湾2

さあ、次は 東京→糸魚川ファストランです。

先日、ロヂャースのみなさんと天拳くんとで下見に行きましたが、かなり厳しいルートのようです。

とりあえず、完走をめざしてがんばります!!

あと、今日はMt富士ヒルクライムの練習としてスバルラインを試走してきます。

練習不足なので、両大会ともどうなることやら!!参加することに意義がある!って事で!!



ランキングに参加しています。参加することに意義がある!って事ですが、どうせなら順位も上のほうが・・・
ポチットしていただくと、確実に順位が上がりますのでよろしくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。