輪行サイクリング【福島横断/実施ご報告編】

ジェロニモで?す

【猪苗代⇒白河(泊)⇒いわき】輪行のご報告です。

マシンは“すっかり輪行専用(?)”となってしまった

お姫様号デス^o^!

GPSで記録した1日目のルートを「ルートラボ」に載せてみました!

(「ルートラボ」のほうが見やすいですから・・・)



東京から東北新幹線「やまびこ」で輪行し、

郡山から磐越西線に乗り換え、「猪苗代」駅一つ手前の「川桁」駅へ。

「川桁」駅周辺は何もない所ですが、目の前に大きな石碑!

歌碑

「沼尻軽便鉄道」をモデルとして、昭和29年作られた、

高原列車は行く』作詞:丘灯至夫/作曲:古関裕而

の歌詞を刻んだ“歌碑”でした。こんな唄です(^^;

きぃ?しゃ(汽車)の-窓か?ら ハンケチ振-れ-ば?
ま?きば(牧場)のおとめ?(乙女)が?
はなた-ば-(花束)な-げ-る?


いやぁ?、小生の年代以降の方々には“なつかしい”唄です。

ランラ?ララ? ララ ランラ-ラ-ラ-ラ?ラ?
こ-お-げ?ん(高原)れ-っしゃ(列車)は?
ラン-ララララ?ゆく(行く)よぉ?


猪苗代湖畔から「諏訪峠」(平均斜度:6.9%)越え、そして農道。

途中の山の中で“虻(アブ)”の大群に絡まれながらも、

一日中“この唄”を口ずさみながらの初日・82kmでした!


「新白河」駅前のホテルに泊まり、

新白河

2日目は阿武隈高地を横切り、峠を超えて太平洋岸「いわき」までです!

GPSで記録した2日目のルートです。



気温は28℃ほどで、走っている分にはちょうど良い気候です。

車の多い国道を避けながらのルートで、

チャリンコを停止させる場面がありません。

予定よりかなり早めの工程となり、

お昼近くに、『十割蕎麦』の“旗印”を揚げたお店を発見!

“小芋”と“冷奴”が添えてある「野菜天ざる」を所望しました。

蕎麦

素朴な食材を使い、ボリュームもあって、すっかり気に入ってしまいました ^_^)

お庭に置かせてもらった『お姫様号』をパチリッ!

お姫様号


いまや【峠越えのお姫様】の風格デス!

「こりゃ?、10% 近くあるよなぁ?」といった“ショート峠”を何度か越え、

「いわき市内」に入って一服。

いわき

95km走り、午後3時には「いわき」駅到着となりました。

輪行後、「スーパーひたち」発車までの数十分に、

【冷たい生ビール・・・3杯・・・一気飲み】

に至りましたことは言うまでもありません^o^!

デハデハ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんだ~

OKABOUZUです。
ミキストだったのですね!てっきりLOOK号を持って行って、この1年のジェロニモさんの成長ぶりを披露するのかと思ってました!!
それにしても、うらやましいですね!!


あー!はやくチャリ乗りたい!!

すみませ~ん (^^;

ジェロニモです

“道無き道”を探しながらのツーリングですので、

どちらかというと、

「ランドナー」か「MTB」向きではあります。

毎年、けっこう“ドロドロ”で帰宅するパターンが多いものですから・・・

デビューしたての「モンド号」を輪行に参加させるのは・・・

まだ、チョット“気が引ける”ところもありまして・・・

どうも天拳です!

空気のきれいな農道をひた走るなんて、これぞ輪行ですな!

クロモリ号のレトロ化はいかがでしょうか?

たとえば、バーテープやサドルを牛革製にするとか・・・・

1台は最新のスーパーマシン

もう1台は、往年のシブシブマシンなんてね!

その方向・・・イイですネェ~

⇒「天挙」さん

「レトロ化」・・・イイですネェ~

「ご老体号」そのものは「レトロ」なのですが、

変速に「STI」を組み入れているのが、

「レトロ」じゃ無いかぁ・・・と思って調べてみると、

シマノが「デュアルコントロールレバー」を出したのが1991年。

でも、その翌年1992年には、

『シマノ600アルテグラ(STIの採用・リアの8速化)』

とあります。

「ご老体号」は『シマノ600・7速』ですから、

『シマノ600』から『シマノ600アルテグラ』に移る、

短い間に存在した発売当初の「レア物」・・(?)となり、

まぁ~こりゃ~「レトロ」品のお仲間・・と納得!

でも、「リアディレーラー」は「105」 m(_ _)m

“手加減でおこなう変速 = 「W-レバー」”も

レトロな味があってイイのですが、

小生、変速がヘタクソなもんで・・・。

それと、レトロの象徴的存在は、「革サドル」ですネ!

・・となると、ヤッパ!『英国 BROOKS(ブルックス)』サドル!

昔の「ランドナー」に「ブルックス・革サドル」を付けていましたが、

手入れが悪かったせいか、なかなか“馴染み”がでませんでした。

馴染めば“理想的なサドルに作り上げることができる”そうですが、

相当走りこんで、あぶら塗って、馴染ませないとダメなようです。

『革バーテープ』も「ブルックス」が良かったですネ!

グリップ感がとても良かった!その分、“お値段”も・・・

ただ、小生、手に汗をかくほうなので、

乗車後のバーテープが“湿気て”しまうのが・・・チョット(; ̄ー ̄A

・・・ということで、“ご予算確定”次第、夢見てみます^o^!

デハデハ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。