待望のサイクルコンピュータ!来ました!【Knog N.E.R.D ご案内編】

ジェロニモで?す

イャァ?、待ちました、待ちました!

Wiggleに注文したのが5月25日。到着したのが ナント7月29日!

きめ細かい“経過ご報告メール”はさすが・・・としても、

2ヶ月もかかるとは・・・英国では良しとしても、日本では・・・ネェ?(; ̄ー ̄A

まぁ?、もともと日本では「12,000円」位のが「5,900円」と“お得感”有りで、

おまけに、遅れている間に“ポンド(?)”がかなり変動してしまったので、

注文時の“円(\)”建てからさらに「900円」ほど“お安く”なりました(^ー^;

N.E.R.D 12FUNCTION サイクルコンピュータ』です!

パッケージ

サイクルコンピュータとして、他より優れているものなんか無いのですが、

「Knog サドルバック」と同様、『カワイイ!』ことと『字がデカイ!』ことが

購入の根拠となっております。

メーター部をハンドルに取り付けるのは“シリコンゴムを引っ張って”・・一発装着!

装着部分に“傷”を付ける心配がありません^o^!

正面

《左のが「Knog Knog - Beetle LED フロントライト (赤)」です》

見てお分かりのように、

上面

“メーターの字が大きい”のです。

センサー部も、メーター部同様、

フロント

フロントフォークに“シリコンゴムを引っ張って”・・一発装着!

マグネット部も、いい加減さが無く“ガッチリ固定”のタイプです。

この“スピードメーター”には“スイッチ”が無く、

操作は、メーター部表示画面そのものを“押す”ことで、

“表示切替”、“ライト点灯/消灯”や“設定”を行ないます。

設定をしていて気が付いたのですが、

一般のデジタル機器操作のように“ピッ!”と押して“パッ!”・・・

というようなレスポンスの良い操作感覚ではなく、

どちらかというと、“マァ?ッたり”した操作感覚です。

“押して”から“1秒後”に“反応する”・・・といったような・・・・

これも“お国柄(オーストラリア)”の商品感覚なのでしょうか?

それと、ひとつ面白いのが、メーターの表示方法です。

スピード表示の“変化”が“スクロール”して行なわれます。

見難いかもしれませんが、前輪手回ししてからのスピード・ダウンの様子を

動画でご覧アレ ^_^)

[広告] VPS


スピード表示がスクロールして変わっていくのが見えますでしょうか?

取扱説明書に、面白い“注意書き(?)”が書いてあります。

注意書き

『このユニットの美しさに見とれるのはわかりますが、
道をしっかり見てください』


・・・(^^; まじめであるべき「取説」に、なにげなくジョークが入っています!

・・・といった、小生にはチョット魅力的な“道具”のご案内でした!

⇒「天挙」さん、

「Knog - Skink LED フロントライト」、早く見つかるとイイですネ!

デハデハ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うつくし~い!

赤で統一されててオシャレですね!

車体全体がオシャレだから、レーシーなメーターは不釣り合いだと思うので、knogのメーターは本当にぴったりだと思います!

SKINKは引き続き捜索中です!


いいですね~

オシャレですね~

確かに美しいかも、私なら見とれて畑か田んぼに突っ込むかも(笑

そ~なんです!

ジェロニモです!

ちょっと走ってみたのですが、

この“スピ-ド表示がスクロールする”が、

とても“気になって”しまい、

ついつい見続けてしまうのです!

注意書きにあるように、

確かに『見とれてはいけません』・・・でした (^^;

いがっぺさん

あと、肥だめね!

コラー!!

天拳さん
肥だめはひどいだろ(笑
でも、有ったら落ちそう(笑

ジェロさんくれぐれも注意して走行して下さい。

わかりましたぁ~

ジェロニモです。

⇒「いがっぺ」さん

モチロン注意はするのですが、

小生、悪いクセがあって、

「あそこに突っ込んではイケナイ!」

と思い込むと、そっちのほうに行ってしまう

といったクセです。

そのいい例が、サイクリングロードで出くわす、

【ポール抜け】です。

あのポールとポールに間を抜ける時、

「ポールに当ってはダメ!」と思い込むと、

結果、当ってしまうのです(^^;

今では、少々訓練され、

「当ってもイイやぁ~」と思うようにしてますので、

まず“当ることは”ありません・・・!

なさけない話ですが、ジンクスのひとつになっております。

デハデハ^o^!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。