ピッカピカになる秘密兵器ご案内【ハセガワの「零三式」編】

ジェロニモで?す

小生、基本的に“車の洗車”はしない主義でした。

本音は“面倒である・・・”からですが、せっかく“乾いている”車に水をかけ、

“拭き取れない細部を濡らしてカビ・錆びの原因をつくることは無かろう?”

ナンテ思っていたワケです ( ̄。 ̄ )y- ?

ところが、数年前、プラモデルを作っている模型の「ハセガワ」から発売されている、

『零三式』コーティング・ポリマー

なるものがあることを知り、早速購入!

零三式

カラカラに“色褪せ”していた当時の愛車「黄色のレガシィー」に施工してみたところ、

見違えるほどのピッカピカ^o^!

小生のような“理屈っぽい、面倒くさがりや”を納得させた要因は、

★ハセガワのHPにある商品説明がが、極めて現実的な解説であること

★施工が極めて簡単であり、成果がハッキリと識別できること

デシタ!

ご興味のある諸兄は↓このHPをご覧アレ!

零三式

・・・ナンデ、「なんで、コーティング・ポリマーの話題なんだ?」

・・・それは・・・「モンド号」を磨き上げてしまおうかナァ?の意思表示デ?す^o^!


余談の箱:

「ハセガワ」の「模型のHP」には、

旧ドイツ軍の『ハインケル He111z 曳航(えいこう)機』のプラモデル^o^!

軍用グライダーを曳航する飛行機ですが、“2機の飛行機をドッキング”した変わりモノ!

ハインケル

プロペラ・エンジンが“5個(5発)”あるのです。

ハインケル社は“ジェット機の世界初飛行を成功させた”会社なんです。

これを見ると、日本の中島飛行機が計画した夢の超大型爆撃機『富嶽』を連想してしまいます。

富嶽

ここで・・・

〔小生の愛車「スバル」〕⇒〔スバルを「零三式」で磨く〕⇒〔「零三式」は「ハセガワ」の製品〕

⇒〔「ハセガワ」のプラモデルに「ハインケル He111z」 登場!〕⇒〔小生は思わず「富嶽」を連想〕

⇒〔「富嶽」は中島飛行機の計画機〕⇒〔「中島飛行機」は現在の「スバル」〕

・・・と繋がってしまいました。

「ドロンジョ様、そりゃ?コジツケだベェ?!」とお怒りの方はポチッ!とお願いします。

デハデハ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。